大阪/兵庫(神戸)/和歌山(大津草津)/滋賀/京都/奈良の悩み相談室

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の悩み相談・人生相談室。人間関係や家庭環境、会社職場/家族夫婦兄弟姉妹/sexや性や恋愛/学校部活進路進学/子育てや育児や教育環境や生活環境/結婚離婚妊娠中絶/浮気不倫別居三角関係/恋愛同棲婚約片思い両想い三角関係など、どんな相談内容も対応しています。

弟が気になって幸せになれない。それを思う事を弟は嫌がるんです。

福井県福井市に住む福井さん(仮)31歳の男性が悩み相談・愚痴聞きに来られました。

「考え方がわからない、どう考えていいかわからない」というのが趣旨でした。



福井さんには25歳の弟さんがいるそうです。

真面目で優等生でずっと進んできた福井さんと違って、弟さんは勉強が苦手で親ともあまり仲は良くなくてグレてしまっていたそうです。

高校中退で早くに実家を出て、フラフラとどこで何をしているかわからない、周りの人たちに心配ばかりさせる弟さんだそうです。

福井さん自身は大学を卒業して、じゅうぶん納得の会社に就職して、良いペースで出世もして将来は明るいそうです。

自分とは真逆の人生の弟さんが心配で、それだけが気掛かりで結婚するにも相手を待たせているんだとか。

自分には何も問題ないので、次回に弟を連れてくるので弟の話を聞いてやってほしいということでした。

すでに私はかなり強い違和感を感じていましたが、私がどう思うかというのは一度も聞かれなかったのでとりあえず黙って聞いていました。

そして一言だけ、「弟さんのこと好きなんですね。」というと「もちろんです。大事な弟です。」と言うのだけ確認しました。



そして後日、弟さんを連れて福井さんが来られました。



「お前のこと話しておいたから、今後どう考えたらいいか教えてもらってちょっとは変われ」と、福井さんは弟さんに言いました。

弟さんはものすごく不機嫌そうで返事もしませんでした。

しかし帰ろうとはしないし、よく来たなぁと思いました。

福井さんには席を外してもらい、弟さんとの話を始めました。



私「あんまり仲がよろしくないような事をお兄さんは言ってましたけど、よく来てくれましたね。」

弟さん「いえ、謝ろうと思って。」

私「謝る?」

弟さん「はい。兄貴が言ったこと大体わかるんですけど、余計なお世話なんです。」

私「あぁ、やっぱり。ちょっと違和感を感じてたんですよ。」

弟さん「わかります?」

私「うん、ちょっと話し方が極端すぎて、違う気がするなぁと。」

弟さん「やっぱりですか。」

私「とりあえず先に弟さんの気持ちというか、どういう意味なのか教えてください。」

弟さん「はい。あのー、兄貴は、たしかに出来はいいんですけど俺のことを気にしすぎるというか、気にしてくれるのはいいんですけど何でも悪い方にしか言わないというか、出せない満点を出させようとされてる感じでいつも困るんです。」

私「上手に言いますね。私の違和感も同じでした。」

弟さん「学歴も、仕事も、例えば服装とか彼女とか、どこを比べても兄貴の方が上等だったり上品だったりするんで負けを認めるような気持ちはあるんですけど、世話が過ぎるっていうか。」

私「はい。」

弟さん「なので、今回わざわざこんなに遠くのところにまで来てお世話になってるって聞いて。」

私「でも、よく弟さんも来てくれましたね。そういう感じで付き合うには遠いでしょ。」

弟さん「でも、良い先生だからってことだったんで、自分は自分でちょっと相談したいと思って。」

私「あぁ、なるほど。どんな?」

弟さん「あの、兄貴のことなんですけど、さっさと俺から離れて結婚してほしいんですよ。」

私「ふむふむ。弟離れというような?」

弟さん「そうそう!俺は兄貴に構ったり構ってほしいとか思わないんですけど、兄貴はずっと俺のこと気にしてて。それで何をするにも俺のことが引っ掛かってって、いい迷惑というか、嫌なんですよ。」

私「ふむふむ。わかります。あの、1つだけ聞きますけど、お兄さんのこと好きですね。」

弟さん「まぁ、兄弟なんで。」



お兄さんはお兄さんで弟さんのことを気にかけて心配するあまりうるさくなりすぎて、

弟さんは弟さんで心配される事はありがたいけど、それよりもお兄さんには自分のことを優先してほしいと思っている。

良い兄弟です。

よくわかりませんが、こじれてもなさそうです。



私「仲良し兄弟です。問題ありませんね。お兄さんはお兄さんで、何かを強要したり強制したいんじゃなくて、たぶん上手に幸せになってほしいんでしょうね。けど兄弟だから言い方が荒くなってしまう。」

弟さん「はい。そうなんだと思います。」

私「うん。私からお兄さんに、弟さんは弟さんでこう思ってて、何も心配いらないみたいですよ、って伝えてみましょうか?」

弟さん「あ、それいいですね!今までそんな形で間に入ってくれる人いませんでしたから。」

私「じゃあ、そうしてみましょう。」



ということで、お兄さんの福井さんに、弟さんはしっかり自立して弟さんなりに考えや気持ちがあって、ほっといてあげればいいしそれを望んでる。

けど、邪魔だとか嫌なんじゃなくて弟さんも弟さんでお兄さんのことを気にかけてるし好きだという兄弟愛がちゃんとある。

面と向かってそんなことを話す機会はなかっただろうけど、問題なく大事にしあってる。

だから、大丈夫そうですよ、と伝えました。

すると、福井さんはすごく恥ずかしそうにしながらも嬉しそうに

「じゃあ・・・OKです。」と笑顔で言っていました。



一件落着☆

こういう良い話があると、改めて悩み相談室・愚痴聞き場としての存在感を自覚して嬉しくなります。

今後ともこういった使い方がされるのが増えるといいですね。



----------
【滋賀悩み相談室】
http://ok-nayami.net

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

メールでご予約・お問い合わせ
http://ok-nayami.net/?p=117

当ページのキーワード設定は
福井,教育相談,教育環境,子育て相談,子育て環境,家庭問題,職場環境
話相手,リラックス,ストレス,家族関係,家庭環境,夫婦関係,仕事関係,夫婦問題
です。
----------