大阪/兵庫(神戸)/和歌山(大津草津)/滋賀/京都/奈良の悩み相談室

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の悩み相談・人生相談室。人間関係や家庭環境、会社職場/家族夫婦兄弟姉妹/sexや性や恋愛/学校部活進路進学/子育てや育児や教育環境や生活環境/結婚離婚妊娠中絶/浮気不倫別居三角関係/恋愛同棲婚約片思い両想い三角関係など、どんな相談内容も対応しています。

草津市。毒親に人生を決められてきた。でも、変わりたい。

【滋賀悩み相談-人生相談室】です。

滋賀県草津市の男性49歳のお話です。

-

-

毒親っていうのは、まさにウチの両親のことを言うんだろうなと思います」

「父親がね、優しく言えば亭主関白。ズバリ言えばバカ殿様なんです。怒鳴るわ殴るわ、気に入らないことがあったら物が飛んできて、病院に行くほどのケガも珍しくないぐらい」

「母親は助けてくれません。複雑だったんだろうとは思いますけど、父親に逆らえなかったんでしょうね。小さい時の自分からすれば母親も父親と一緒になって、という感じで怒鳴られ引っ叩かれ、閉じ込められ、閉め出され・・・」

「もう両親とも70歳を過ぎてますが、人って変わらないんですね。丸くなるどころか自分たちが年老いてきたからって堂々とワガママ放題ですよ。今でこそ老害って言葉あるでしょう?あれは実は昔ほど当てはまる人は多かったと思います。正直、早く死んでほしい」

「昔は堕胎罪という考え方、というか法律があったんですよね。それで、産めよ増やせよということなのか、私は7人兄妹なんですね。7人ともまんべんなく、公平に両親のために奴隷のように働かされました」

「そう、父親は自分がラクをしたいために子供を作ってきたんですよ。お金がない時は『子供が多くて大変なんだよ~』って国や都道府県や市町村、近所の人に上手に甘える。子供たちが中学校を卒業したら順々に働きに出される」

「えぇ、お金に困るような家ではないハズですけど、困ってましたね。みんな節約家というか、使えるようなお金はなかったのに」

「父親だけの豪華一点主義です。ギャンブルはするわお酒は飲むわ。母も少々は贅沢してましたけれど、兄妹7人は寝る間も足りないほど働かされて両親に搾取されていました」

「そうですね、一人また一人と目が覚めるように家から出て、両親から逃げて、何人かは自立していきました」

「末っ子の自分は逃がしてもらえず、一人暮らしをしている今でも両親のためにお金を取られたり、事あるごとに病院だ買い物だコキ使われています」

「不眠、ありますね。将来が不安で仕方ないし、過去を振り返っても苦痛しかない。結婚した相手の実家にすらウチの父は無心に行ったりして別れざるを得ないように追い込まれましたから。今でも悪夢しか見ませんよ」

「結婚には絶望と希望がありました。父のようになりたくないし、母のような女をもらいたくないし。ただ、自分が両親の元で支配されているような環境から、人生から、逃げ出すには、誰か他人を巻き込んで両親の害悪を公(おおやけ)にするしかないと思って、他力本願ですし元妻には迷惑でしかない考え方ですが、救いを求めました。ダメでしたけれど」

「早く死んでほしい。誰も喪主はしませんよ。兄妹7人ともが、父のことも母のことも絶対に悲しまないと断言できます。墓も、両親までと兄妹7人からで分ける予定です」

「父と母が自身で作り上げた財産はなくて、あっても兄妹がお金を出して建てた家が残ったり、兄妹から吸い上げたお金が貯金として幾らかあるかもしれませんが。父と母が残したものなんてないし、あるとは思えない」

「よその家や他人を羨んだことはないですが、自分の運命を呪ったり父と母に殺意を抱いて生きてきたのは隠しません」

「自分は死ぬまでこうなんだろうか。なんでだろうって思うけど父も母も体が丈夫で長生きしそうなタイプなんですよね。もう生まれ持っての運命だとして諦めきってますし、国や政治家なんかに期待はしてませんけどね。私を救いようもないでしょう」

「両親が死なないなら、生きているなら、いっそ私が死にたいですよ。明けても暮れても考えさせられる。もう本当に疲れましたよ」

「そう、両親は特に私に依存してると思います。私に一番連絡をしてくるし無心もしてくる。私の都合や生活なんて考えてくれません。父も母も、私がいないと生きていけないと思います」

「離れたいけど離れられない。逃がしてくれない。どこまでも追いかけてくる。夢にまで出てくるんですから、もう笑っちゃいますよね。子離れもできていないし、世の中のために何も良いことをしてない夫婦なんですよ」

「え、共依存?それは、その、私も親に対してという?いや、確かに言われる通り一緒に暮らさなくなっても良くも悪くも意識させられてきていますけれど」

「親離れ?どういう意味ですか?あ、あぁ・・・たしかに、私は人付き合いは苦手です。友達と言える人もいませんね・・・どうしてわかるんですか?」

「たしかに、コミュニケーションというか、思い合うとか、大事にするとかは下手かもしれません。私なりに他人の評価はしっかりできていて、優先順位や必要度合いなんかは考えてますけどね」

「それはそうですね。もしかしたら、その通り誰にでも、いつでも親の話しかしてないかも。そりゃ友達なんかできませんよね(笑)どこまで悪影響なんだか(笑)私の人生、終わっちゃってるでしょ」

「そうか、依存されてるんじゃなく共依存・・・。子離れしてくれない解放してくれないんじゃなく私も親離れできていないのか・・・」

「思い当たるところはあります。考えたくない、意識したくない、影響を受けたくないのに、こう考えていることですでに捉われているということですよね?」

「そりゃ、明るい話もしたいし、楽しい思いもしたいし、誰かに大事にされたいし、誰かを大事にしたいと思いますけど、でも無理なんですよ私。できないんですよ。わからないんですよ。あの母と父に育てられたら、こうもなりますよ」

「・・・その通りですね。相変わらず、どう先生が話題を変えようとしてくれても父と母の愚痴に繋がってますね・・・」

「そうか、父と母は変えられない。自分から変わらないと。いや、わかってるつもりで、自分は気にしてないつもりで思ってたんですよ。それどころか、哀(あわ)れんで、蔑(さげす)んで、こんな人間にはなりたくない、自分はこんな人間じゃないって、影響を受けてる訳ないって、そう、自分では・・・」

「でも、そうですね、そう思ってる時点で捉われてる、たしかに。え、これって病気ですか?治らないですか?私もう今年50歳なんですけど」

「お、お願いします。再婚はもう難しいにしても、父と母のことを考えないようになりたいです。影響を受けたくない。捉われていたくない。共依存をやめたい。親離れをしたい。毒親を切りたいです」

「引っ越しは何度もしてきました。もちろん知らせないようにして逃げるようにして。でも、必ず私の居場所を見つけ出してくるんですよ。何度も何度も地獄に引き戻されるような思いをしてきたから、本当に心から嫌いなんです。恨んでいるんです」

「もう、捉われてまで考えさせられてるって、そんなの呪いじゃないですか。洗脳じゃないですか。精神的虐待でしょう?でも、目には見えないから・・・誰もわかってくれないから、無意識にずっと訴え続けてきてるってことでしょうか」

「解放されたいです、えぇ、それか、もう死んでしまいたい。殺してしまいたい。誰も今まで救ってくれなかった。どうしようもなかったこと、どうしたら・・・(泣)」

-

-

簡単ではありませんが、全力で解放に誘導していきます。

【滋賀悩み相談-人生相談室】でした。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c
- - - - - - - - - -

SEXがしたい訳じゃないけど、それでしか気持ちを確認できないからという話。

【滋賀悩み相談-人生相談室】です。

女性21歳Kさんからの相談でした。

「大事にはされていないとわかっていてSEXに応じてしまうし、会うとSEXを期待してしまうんです。それだけでもいいとさえ思うほど一方的に好きになっていて、でも相手が本気じゃないことを知っているからツラい。それでいいのか、それではダメなのか、わかってはいるんですけど・・・」

えーと、本命の彼女という立場ではないということですか?

「はい」

即答?いわゆるセックスフレンド?でもKさんは恋愛感情を持ってるんですよね?

「はい。片想いです、ね」

相手はそれをわかってて、気持ちに応える気はない態度、なのにSEXはしようとしてくる?

「はい・・・」

ウチに来てくれたということは、Kさんとしては今のそういう関係は嫌だ?

「・・・わからなくなってるんです。もちろん常識で考えたらダメだし、幸せになれない関係だし、親も友達も大反対ですし」

え、親にも話してるんですか?そりゃ、大反対しますね。お母さんからすれば怒るところでしょうし・・・

「え、母にしか話してないってわかるんですか?」

わかるっていうか、お父さんには言えないかな、と

「・・・はい。でも、母に話したのも、最初は彼氏ができたって報告したのがきっかけだったんですよ」

え、彼氏なんですか?彼氏だった?

「いえ、なんか、私が勝手に勘違いしただけみたいなんですけど、付き合ってなかった、らしくて」

ん?どゆこと?

「私が、告白して、ありがとうって言われて、その流れでSEXして、それから食事に行って、バイバイして、家に帰った時に母に報告しちゃったんです。もちろんSEXしたとは最初は言わなかったんですけど」

ふむふむ、それはまぁ、告白に応えてくれた、付き合うことになった、って思いますよね。でもそうじゃなかった?

「はい。デートに誘ってくれるなり何か話してくれるなりを待って私からLINEしないで待ってみたんです。でも1週間なにもなくって。それで不安になって私から『付き合うことになったよね?』ってLINEしてみたら、『なんで?』って返事が来たんです」

なんで、ってどういう意味かな

「すぐ後に『別に付き合ってないでしょ』って来ました」

え、マジで?

「はい。それで、私の勘違いだったんかなと思って」

いや、それは勘違いというか、思わせぶりすぎるというか、その気にさせといて騙されたみたいなことでしょ。Kさんは悪くないでしょ

「母にも言われました。遊ばれたんじゃないかって」

うん、残念ながらそう思います。ってかムカつく男やね

「やっぱり、そう思いますよね・・・(泣)」

・・・・・

「でも、好きなんですよ」

・・・・・

「・・・(泣)」

それからは?

「それからは、もう1年半ぐらいずっと同じ感じなんですけど、」

長いな!そっか・・・

「私から会いたいって言って、会ってくれて、SEXして、私は好きなんですけど、彼には彼女ができたり別れたりとかって話をしてくるから、私には興味ないんだなぁって・・・」

え、何そいつ・・・

「でも、好きなんですよね。SEXも嬉しいんです。気持ちは私の方を向いてくれないけど、でも体には触ってくれるから、それだけでもいいからって思っちゃって」

いや、いやいや、いや!それは違うんじゃない?Kさんがそう思うのを否定しても仕方ないけど、でもそれは悲しすぎるでしょう

「はい、でも、やめられないというか、彼も言い訳できるようにか知らないですけど自分からは連絡してこないし、SEXの時も私に『やりたい?』って聞いてくるんですよ」

いやいや、めっちゃズルいしムカつくヤツですね・・・。それは、なんか私も勝手に腹が立ちますね・・・

「でも、わかってても、私から求めてしまってるから」

うん。アカンね。もったいない

「もったいない?」

うん。時間も気持ちも、もったいない

「はい。それで、最初のきっかけから母に話してたから、今はもう全部を話してて、いいように遊ばれてるよって先生と同じように怒ってて」

そりゃ怒るわ。親の立場なら絶対に怒りますよ

「それで、それでも私が自分の意志でそういう関係を続けてしまってきてたけど、もうダメだなって思うから、やっと彼から離れないとって思うようになってきてて」

うん、それがいい!

「けど、ずっと冷たくされてるのに、でも私には彼しかいないみたいに思ってしまうところがあって」

ずっと寂しかったでしょ

「はい・・・(泣)」

大学生とか、Kさんぐらいの年の子には割とよくある話やけどね・・・

「そうなんですか?」

うん、まぁ立場上というか仕事柄、全然な子は全然やけど、SEXについての関係性が緩い子の話はよく聞くかな。でも、よく聞くってことは本人なりに『このままではアカン』って思うから私の耳に入るというか相談に来てくれるんですけどね

「・・・(泣)」

それで、もう離れないとって思うようになって?

「はい、それで、私の自分の意思だけとか母と2人では断ち切れないって話になって、ちゃんと助けてくれるところを頼るのがいいとか、誰かに叱ってもらえって母も言ってたりして。それで、友達が前に先生にお世話になったことがあるっていうのを聞いて・・・」

そっか。じゃあ、もうその彼のこと切りたいというか、切るべきってことを思うようになってきてるんやね

「はい・・・」

それがいい。絶対それがいい

-

-

という話がありました。

もし自分の妹や娘だったらと思うと、とても憤慨してしまう内容なので個人的な感情も入ってしまいます。

ヘタしたら「そいつ連れてこい!」って言いそうになります。

本人または当人同士が納得してるなら他人が口を出すことではないですが、それにしても、あまりにもKさんがかわいそうになります。

聞く限り、男に良いところが見えてこないし、ただズルいだけにしか思えない男のことを味方できそうな余地はないように感じました。

早く目を覚まさせてあげたいと思います。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c
- - - - - - - - - -

飲食店の不愛想が原因で不安障害

それは、どういう?

「いま精神科に通ってて、不安障害って診断をされてて、薬を飲んでて、でもそこの精神科の先生はゆっくり話す時間はないしカウンセリングもないので、どこかでカウンセリングも受けてきてって言われて、紹介されました」

あぁ、そういうことですか。それで、原因が飲食店というのは?

「ちょっと恥ずかしい話なんですけど、最初はバイキングのお店で」

はい

「友達と3人で行ったんですけど、ランチタイムも終盤って感じの時間帯に入った私たちも悪いんですけれど」

あぁ、15時までですよって店に14時を過ぎてから入るような?

「そうそう!そういうタイミングでした。で、一応は食べ放題で、でももうすぐ閉店なんですけどって言われたんです」

ふむふむ

「それはまぁ、仕方ないとして、じゃあ早く食べて早く出ようってことになったんです」

ふむふむ

「席に案内されて、じゃあ食べ物を取りに行こうって、行ってビックリでした」

あぁ、食べるものが少なかった?

「はい!少ないどころか、私たちボーゼンとしてしまって」

そんなに?

「はい。残飯処理?みたいな残り物があったりなかったり。そもそも全体の量として足りてなさすぎるでしょって」

私も経験あるのでわかります。めっちゃ腹立ちますよね。

「私は腹が立つより悲しくなりました。なんで、ここまでの状態なら最初に言ってくれなかったの?って」

ふむふむ

「で、あからさまに3人ともガッカリして口数もなくなって、でも食べ放題で入ってるから2,900円も取られて何も食べずに出るのも癪だし、仕方なく食べることにしたんです」

はい

「そしたらね?20分もしないうちに、店員さんが来てシレッと『そろそろ閉店なんで』って言ってきたんです」

ふむふむ

「で、わかりましたーって言って、また食べてたんですけど」

はい

「また5分もしないうちに来て『閉店なんですけど・・・』って言うんです。で、友達が『それって店から出ていけってことですか?』って聞いたら『閉店なんで・・・』って言うんですよ!」

え、出ていけって?マジで?

「ホントに。3人ともビックリしすぎて何も言えなくなって、もういいや出ていこうよって、店を出ました」

最悪ですね

「はい。ホントに。これが最初のお店です」

え、あぁ、はい。2件目は?

「2軒目は焼き肉屋さんです。彼氏と行ったんですけど」

はい

「夜8時に行ったんです」

はい。食事時ですね

ゴハンないって言われて」

え、食事時の焼き肉屋で米がないって?

「はい。私はまだいいですけど、彼氏が怒っちゃって」

いや、そりゃそうですよ。というか店も・・・わざとじゃないんでしょうけどタイミングというか運が悪かったんですね

「で、3軒目がファミレスで」

はい、ファミレスで

「夜の12時を過ぎてて、どこでゴハン食べようかってウロウロしてて、それで深夜1時までやってる店を思い出したんで行ったんです」

はい

「で、12:25ぐらいに着いたんです」

あぁ、だいぶバタバタしそうですけど間に合った感じですね

「それが間に合ってないんです」

ん?

「ハタチぐらいの女の子の店員さんに『もうすぐ閉店なんで帰ってもらっていいですか?』って言われて」

えぇ!?

「ビックリするでしょ?友達が怒って『まだ時間あるし!』って言うと、『もう閉店作業に入ってるんで』って真顔で言われて」

あぁ、申し訳なさそうとかじゃなく

「はい、もう、明らかにその子だけの判断で、お前がめんどくさいからだろって感じでした」

へぇ~・・・

「これがね、だいたい1ヶ月間の間に立て続けに起きたんです」

多いな!

「で、こういうことがある時って、いつも私がいるんです」

はぁ

「それで外食が怖くなっちゃって・・・」

なるほど

「他にも、流行りの健康ジュースのお店があって、友達と2人で行った時に」

はい

「20分以上も並んだ行列で、ちょうど私たちの前の人で売り切れとか」

それはショック(笑)

「なんか、こういうことが多いし、私が引き寄せてるんじゃないかって」

あぁ、気になりすぎてる、と

「はい。なんか、こじらせてるだけって親は言うんですけど、気になりだしたら止まらないっていうか」

はい。不安障害の入り口ですね。うーん、悪い偶然が重なりましたねぇ

「そうなんですよね。でもやっぱり偶然なだけなんですよね」

うん、まぁ、そうですね。4軒の店みんながわざと嫌なことを言ったり、してきたりということではないので、簡単に言うと考えすぎってことなんですけど、精神科の先生は不安障害と診断してお薬も出てるんですよね?

「そうなんです。それに、飲食店じゃなくても他にも、そういうような悪い予感みたいなのが強くなってきてて、もう何にでも自分が悪影響するんじゃないかって思うぐらい」

行き過ぎですねぇ。でも自然に考えてしまうんですね

「こんな人って、他にもいますか?」

例えば、友達と一緒に宝くじを買いに行った男性がいて、友達が買った宝くじはハズれたんですけど、『その宝くじがハズれたのは俺のせいで、俺が悪い、ゴメン』って号泣したり

「その気持ち、わかるかも」

いや、考えすぎなんですけどね。でも、考えすぎてしまう状態なんですよね

-

-

-

うん。いやいや、何がきっかけで何がどうなるか、ホントにわからないものです。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c
- - - - - - - - - -

自分って、面白くない人間だなぁって、思うんですよね

え?面白くないとは?笑いのセンスって意味じゃないですよね?

「あ、はい。そういうことではなくて・・・。あの、人間味というか、人間性というか」

あぁ、ふむふむ。面白くないんですか?

「はい」

それはまた悲しいことを言いますねぇ。でも、面白くしたいんですよね?

「それは、はい。できることなら」

えーっと、自分で思う面白くないところとは?

「うーん。先月で37歳になったんですけど、37歳にもなって、えーっと、強い気持ちがないって言うか」

強い気持ち?

「なんと言うか、その、人間味というか、人間性ですよね。すいません。語彙力がなくて」

語彙力(ごいりょく)、つまりボキャブラリー、言葉の引き出しのようなものが少なくて、会話とか表現が上手ではない気がする?

「はい。それに、仕事でもプライベートでも楽しいことがなくて、何しに生きてるんだろう、みたいな」

ふむふむ。まぁそれなりの年齢になってくると楽しみとか感動とか減ってくるものなんですけど

「死にたいとかまではいかないんですけど、面白くないのが嫌というか」

えーっと、その面白さって、自分で思う面白い人生?それか他人から見て面白いと評価してくれること?どっちですか?

「あぁ、そうですね、えっと、両方なんですけど、職場の人とかに面白くないヤツって思われてるなぁと思うと自分でも面白くないよなぁって感じてしまうというか、すいませんわかりにくくて」

ふむふむ、その面白さというのは自信とか信念とか軸とか個性みたいなことですね?

「あ、そうです!」

存在感が薄く見られて居心地が悪い、けど自分でも存在感が薄い自覚がある、みたいな

「はい。ホントそういう感じです」

うーん。魅力のある人間になりたい、と

「はい!やっぱり、その、女性にも縁がないですし、このまま何の経験もせずに死んでいくのかなぁって」

何の経験もせずにって、なになに種類があるんですか(笑)

「いえ、あの、やっぱり、その、」

うん、わかります。単純な下心だけじゃなくて、片想いから両想いから交際から、もしかしたら結婚したり子供ができたり、そりゃ相手は一人でいいけど一通り経験した方が人間としての幅は広がりますもんね

「はい。ありがとうございます」

もちろん今のご時世、お金の面とか、ずっと死ぬまで一緒にいれるか、とか考えることはありますけど、いきなりゴールまで想定するのは極端だし、まずは彼女、ですね?

「はい。ほしいです。でも、こんな自分に」

・・・あのね、まずそのネガティブな発言が多いのは印象としてマイナスですねぇ

「あ、はい。そうですよね、すいません」

こんな自分に、ってしょっちゅう言う男に惚れてくれる女性は少ないと思いますよ。まぁ、そうでなくても良い出会いってみんな探してて、そうそう都合よく見つからないという話も多いんで、せめて明るく元気に、ポジティブになっていった方が可能性は広がるという感じで思っとく方が気楽でいいでしょ

「はい。あの、こんな自分にも彼女はできますかね?」

また言った!すぐ言う(笑)うーん、どうでしょう。彼女ができるかどうかはわかりません。

「やっぱり難しいですよね」

いや、個人的に難しいと思ってるんじゃなくて、誰にとっても難しいってことです

「あぁ、うーん。自信ないなぁ・・・」

また言う!そうですねぇ、まぁ、明るくて元気で見た目もいい普通のお兄さんがウチに来て『結婚したいけど彼女がそもそもできない!どうしたらいいですか?』って、めっちゃポジティブな相談に来てくれることもあるんですけど、やっぱみんな難しいみたいですよ

「え、そういう、条件の良さそうな人でも?」

うん。婚活とか出会いアプリとか、流行ってるものを色々と試してみても、コレっていう本命を見つけられないって、言ってましたねぇ

「へぇ~。なんででしょうか?すぐ見つかりそうな感じの人なのに」

そうですねぇ。やっぱ、まぁ非難を浴びる意見のような気がしますけど、軽い出会い方だから長続きはしないような印象で僕は見てますけど

「軽いんですか?」

うーん。わざわざ聞かれるとまた突っ込みを受けそうではあるけど、だってそもそも『出会おうとして出会う、だから条件や希望も理想が高くなる、ハードルも高くなる、しかもダメなら次を探そうとする』みたいに、お互いがそういうスタンスだったら本気になりにくいような気がします

「あぁ、言われてみれば」

それに、そもそも婚活サイトとマッチングアプリって実はそういう統計が出てますもんね

「そういう統計?」

セッションって言うんですか?引き合わせたり出会ったり付き合い始めたりというのは多いけど、それ以上に別れる・離婚するという割合も異常に高い。始めるにも終わるにもノリが軽いことが証明されてます

「へぇ~。じゃあ、僕はどうやって探したら・・・」

えっと、趣旨は『彼女がほしい。どうやれば出来る?』でしたっけ(笑)

「あ、いや、自分に魅力がない?存在感がない?のをどうにかしたい、です」

そうですね、先にそれを考える方が彼女もできやすいし長続きしやすいと思うので、まず・・・

-


-


精神疾患の緩和や明らかに病んでいるというようなほどではなく、しかし予備群ではありそうな方の、こういった「どこで誰に話せばいい?聞けばいい?」というカウンセリングにも対応しています。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c

「発達障害、知的障害、ですか?そう、ですか」

自分は世間一般からして足りてないのでは、と思う人はすごく多いようです。

何について足りてないと思うのか、人それぞれですが

・コミュニケーション能力
・学校での勉強
・資格の勉強
・学校での運動
・大人になってからの体の動かし方
・手作業の要領
・思考や順番の整理
・会話の勘
・表情
・とっさの緊張感
・考え方や性格そのもの
・複数のことを同時に考えられない
・複数のことを同時に作業できない

などなど、気になる点は色々とあります。


今回はどこででも読めるようなコラムとは論点を変えて書いてみたいと思います。

多くの人の話を聴いていると、不思議に思うことが多々あります。

それは、おおげさに言えば

「もう、いっそ殺してくれ」のような

発達障害ですよね!」「知的障害ですよね!」

と、そう言ってほしい人がなんと多いことか。


つまり、自覚的または自他ともにグレーゾーンだと認識していて、

「どうせなら、もう、そうだと言われた方が逆に受け入れられる」

ということなんでしょうね。

確かに、そういう人はイジメられた経験があったり、先生にも雑に冷たく接せられてきていたり、社会人になってからも不器用さに悩んできている、というのがほとんどです。

だからこそ思うんでしょうし。


私の立場としては

発達障害じゃないですよね!」

「知的障害じゃないですよね!」

という確認のために来てほしい気持ちもあるし、カウンセリングをするようになった初めの頃は、「否定していこうよ」という論調で話をしていましたが、

そういう希望や主張をするのがしんどくなってしまったほどに、思い知らされてきたんだろうなと感じる機会を重ねすぎて、何とも言えなくなっています。


ただ、発達障害や知的障害だとして何もメリットはないし良いこともないので、出来れば「そんなこと言うなよ・・・」という感じでフォローしたいと思いますが、

当人は「いや、もうハッキリ認定してくれる方が今までの嫌な思いをしてきたことに納得ができるし諦められるから、言ってほしい」みたいに言うんです。

悲しいなぁ。

そうなのか・・・。

そういうふうに思うのか。

よほど孤立や孤独や疎外感、自分で自分にガッカリしたりを経験してきたんだろうなぁ。

と、

もちろん個人によって仮に障害があるとしても程度はバラバラですし、どう解釈してどう接するかも人によるので

本人が望む容認度で接し、ただ現実的にはどの程度なのかも正確に見極めるように注視しながら、

結論なにをどうすれば生きやすく充実や幸せに近付けるのかを考えながらカウンセリングしていきます。


大まかに言って「発達障害」という大枠の中にLD(学習障害)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム)、知的障害などがあり、

もっと細かく言えば、もっといろんな言い方はあります。


確かにグレーゾーンというか、学校で言うなら普通のクラスでみんなと一緒に学ぶのか特別支援学級に入るのか微妙という子も多いです。

私が見てきた中で一番つらそうなのが、特別支援学級には入ってないけど普通クラスの中で一番下、だが一応は会話も勉強も運動も全くできない訳ではない。ただ、一番下。という子と何人か知り合ってきました。

勉強はそこそこでしたが運動や人付き合いは要領よくやって育ってきた私としては、付きっきりで一緒に生活してでも何とかしてあげたいと思う子ばかりでした。

本人が現実を突きつけられ諦めきってしまう前に何とかできないものかと、そう思う意味でもグレーゾーンという子もいます。


いつしか本人は「無理・無駄・どうせ出来ない・そう周りも思ってる」などの厳しく冷たく感じる現実を突きつけられて自覚していってしまうんです。


でも、自分はそうだと思ったところで、誰かに「お前は〇〇という病気だ、症状だ」と言われたところで、何かが良くなることはないので、

まして薬で治ることもなく、(症状緩和や精神安定のために飲まないより飲む方がいい場合はありますが)

結局は自分の現実・人生は自分でなんとか生きていくしかないので、

ウチに来てもらえる人には

あんまり「病気だ症状だ、だから君は仕方ないね」なんてことは言わずに

「今どういうことが、どう難しい?」とリアルな本人の人生の手助けをしてあげられるために時間を使っていきたいと思って接しています。


最近、ウチに来てくれた相談者が、ある精神科のお医者さんに「ウザいなぁ。そんなに死にたいなら死んだら?」と言われたというのを聞いて憤慨してしまったもので、

今回こういう初心を思い返すような文を書いてみました。

いつもよりまとまりがないかもしれませんが、書き直すこともしないでおきます。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c

引き籠りになっている年齢層が実は若青年より中高年が多い現実。というかそれよりも

2015年に発表された内閣府の統計ですが、

15歳~39歳のひきこもり54.1万人。

40歳~64歳のひきこもり61.3万人。

なんてこったい。

学校や会社で疲れてしまったような若い子や働き盛りの人よりも

もっと大人の方がひきこもりは多いそうです。

学校や会社に疲れた以上に、人生に疲れたというような人が多いんでしょうか。

しかも合計115.4万人。

これは、日本の全人口の110分の1。

え、嘘やん。

マジで?

127,000,000÷1,154,000=110

日本の人口÷ひきこもり人数=平均

合ってますよね?

え、嘘やん。

マジで?

日本人の110人に1人がひきこりもり?

多すぎませんか?

しかも、どうやって統計をとったの?

私自身や周囲の知人や友人の中で「そういうアンケート」をしたなんて聞いたこともない。

さらに「そうなんですよ。私ひきこもりなんですよ」ってちゃんと答えるんかな?

隠れひきこもりはもっと存在するのでは?

ひきこもりだけに、隠れているものでしょうし。

ん?

じゃあ、日本には110分の1以上にひきこもりが存在するのか?

何それ?

ひきこもりの定義ってなに?

「部屋から出れない、家から出れない、人が怖い、人が嫌い。もうしんどい」

それをひきこもりとするならば、多すぎるような・・・

しかしこういうのは得てして実数はもっと多いのが定番ですし、

間をとって本当に154万以上がひきこもりなのがマジな数字なんでしょうか。

おぉ、マジか・・・。

そっか。

ウチに来てくれたり電話してくれたりで、「ひきこもりなんです」って言葉が出た人って200人以上いるような気がする。

そっか。

私が知るだけで200人以上もいるのなら、程度はともかく本当にそれだけの人数が

「部屋から出れない、家から出れない、人が怖い、人が嫌い。もうしんどい」

と思ってるんですね。

そっか。

もっともっと、私のところに話しに来てくれたら、少しずつ、1人ずつ助けようとしていけるんですが、

どうやったら私のことを知ってもらえるんだろうか。

もっと頑張るしかないか。

全部を、まず私が、頑張ってみる。


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c

パワハラ・セクハラ実例。「仕事を辞めてもいいですか?」

割と頻繁にある相談内容です。

「やってられない。どう思います?辞めてもいいですよね!」

ど、どうしたんですか?
なんでそう思ったんですか?

まず聞きます。
そしたら、まぁ、納得のきっかけばかり。



■ケース1
- - - - - - - - - -
男性34歳

「風邪をひいてしまって、インフルかもしれない。だから早く治すためにも病院に行きたいのですが、と朝イチに会社に電話して上司に言ったら、人がいないって知ってるだろ!って怒鳴られて電話を切られました。いや、それで、つまり休んでいいの?ダメなの?って。インフルでも出社しろと?って、困惑しました」

あぁ、うん。困りますね。
それでどうしたんですか?

「薬を飲んで、マスクして、ゴホゴホ言いながら38.3℃の熱で出社しました」

偉い!
行ったんですね。
で、上司の反応は?

「もちろん仮病ではないし、明らかに風邪なのは見たらわかるので「病院行ってこい!」って怒鳴られてでもいいから言ってくれると思ってたんですけど、実際には「出てこれるんならそのまま仕事しろや!」って、病院には行かせてくれませんでした」

・・・マジで?

「結局、そのまま1日働いて、家に帰った時に嫁に心配されすぎて救急に行ったら「肺炎寸前ですよ」って言われて。嫁に頼むから会社辞めてくれって言われて」

そりゃ、そうですね。



■ケース2
- - - - - - - - - -
女性28歳

「同じ会社の人で、すぐ近くで仕事してる訳じゃないんですけど事あるごとに傍に来て話し掛けてくる先輩がいたんです。期待してるとか心配してるとか言って、とにかく用事もないのに接触してきてて。その人は40歳ぐらいの男の人なんですけど」

ふむふむ。

「私が働きだして1ヶ月もした頃、なんとなくエスカレートしてきて肩をポンポンとされたり不自然に握手してきたりして、変な人だなーって思ってたんです」

ふむふむ。

「で、2ヶ月ぐらい経った時に同期の人が大失敗して私も一緒に残業した日があったんです。その次の日にまた先輩が近寄ってきて、何を思ったのか私を軽く抱きしめて頭をポンポンとされたんです。」

え、怖っ。

「はい。もう怖くて動けなくて、意味がわかりませんでした。自分にその気がない時に他人に触られるとあんなにも嫌な気持ちになるって初めて経験しました」

相手は両想いとでも思ってるんですかね?

「いやぁ、うーん。一方的だって認識でいると思うんですけどねぇ。だって私、一切喜んでる反応はしてなくて、苦笑いというか困る顔しかしてないですもん」

じゃあ、ハッキリと嫌がる態度ではないという都合の良い解釈をされてるかも?

「それはあるかも。で、社長に相談したんです。大きな会社じゃないんで割と話しやすい社長で」

ふむふむ。どうでした?

「笑ってました。「うそぉ!アイツがぁ!?(笑)」って。」

え?あぁ、すぐには理解してくれてないパターンの反応だったんですね。

「はい。で、しかもどうしようもないって言われました」

どうしようもない?

「はい。社長から注意してもいいし、社内にセクハラ禁止って貼り紙とか通達してもいいけど、人間関係がギクシャクしないか?って」

まぁ、それもわかるけど。

「はい。って、私もそういう反応してたら、私次第で上手にスルーするのが一番なんじゃないか?って事になって」

え、じゃあ何も対応してくれず?

「そうなんです!セクハラでしょ?痴漢でしょ?でも放置って、って。会社を、というか社長を信用できなくなって辞めようかと」

まぁ、急ではありますけど。先輩本人には抗議というか、ホントに嫌がってるというのは伝えないままでいいんですか?意外にちゃんと伝わって変わってくれるかもしれないですけど。

「でも、社長に話したのが無駄だっただけじゃなくて、その話の時から今も顔を合わせるたびに社長がニヤニヤしてて気持ち悪いし腹は立つし・・・。それに、先輩も話が通じないところがあって、勝手に付き合ってることにされてるような噂も1回あったりして・・・」

社長がセクハラみたいになってるじゃないですか。先輩もおかしいし。

「でしょう?だから、もういいやと思って、辞めます」



そりゃ辞めるわ、と共感できる話がよくあるんですが、でも、できたらせっかくの職場を離れることになる前に何とかできないものかといつも思います。

けど病んでしまったり怖くなってしまったり、後の生活や人生に悪影響するような事態は避けたいし・・・

パワハラ・セクハラ。言葉が新しいだけで、そういう環境や状況というのは昔から無くならないですよね。

どうしたものか・・・


- - - - - - - - - -
※完全予約制&有料です。

■悩み相談-人生相談室HP

http://ok-nayami.net


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c